名刺印刷は用紙にもこだわって品質の高いものを業者に依頼

businesscard

失敗しない名刺印刷をするには

名刺交換

名刺の役割は、初対面の相手とそれを交換し合うことで相手側に自分の所属と名前を覚えてもらうことにあります。そのため、主にビジネスの現場では初対面の人たちと名刺交換をすることで自分を覚えてもらうと同時に、名刺交換をした相手を覚えることを目的としてさかんに名刺というアイテムが用いられています。
交換し合った名刺は基本的に長期間保存されることになり、必要に応じて名刺に記載された連絡先とコンタクトを取ることになります。名刺交換をしたものの特に重要な人物と思っていなかった人であっても後々、協力をし合ってビジネスを進めていくこともあるので、たかが紙切れ一枚とはいえ名刺はビジネスの現場では非常に重大な役割を持っているのです。
そのため、名刺印刷をする際には自分の所属している会社や自分のイメージを損なってしまわないようにデザインなどについては注意を払っておくことが大事です。自分が目立つことだけを考えた名刺印刷ではたしかに名刺交換をした人の印象には残るでしょうが、その印象は非常に悪いものであるかもしれません。名刺交換をした相手に不愉快な思いをさせないためにも名刺印刷は専門業者に依頼をするようにしましょう。そうすることで相手に不快な思いを持たれず、印象に残りやすい名刺印刷をすることができるからです。

名刺はまとめて印刷がおすすめ

名刺はどんな職業であっても必要となることが多いものです。営業職など、人に会う機会の多い職業の場合、特にたくさんの枚数が必要になります。現在はネットでデータを送れば印刷、郵送してくれる印刷業者など、非常に多くの名刺印刷業者があります。
価格帯や紙の種類、どのような印刷を得意としているのかは業者によってまちまちですが、100枚と200枚で印刷価格が大きく変わる印刷業者はほとんどありません。100枚で3,000円の場合、200枚で倍の6,000円というわけではなく、3,200円や3,300円など、100枚の価格にプラス数百円という場合がほとんどです。300枚や400枚でも同様で、名刺のような小さな印刷物の場合、数百円ずつ価格が増していくことが多いです。
そのため、名刺をオーダーする際は、100枚注文して、なくなったらまた100枚注文ではなく、まとめて数百枚注文してしまう方が安くてお得でおすすめです。印刷価格は、納期によって変わる場合もあり、当日や翌日納品など、急ぎでの注文だと印刷価格が上がる場合があります。1枚あたりの価格を抑えたい場合、まとめての注文はもちろんですが、納期に余裕を持った注文を心がけましょう。

印刷会社で名刺制作をする時のポイントとは

社会人なら誰もが持っている名刺ですが、会社からの支給品では物足りない方もおられるでしょう。そんな方は、印刷会社に名刺の制作を依頼することをおすすめいたします。プロに名刺制作を任せるとあか抜けたデザインやインパクトのあるデザインなど記憶に残る名刺制作が可能です。
さらに注目したいのが名刺の紙質を自由に選べる点です。上質紙、アートポスト、マットコート、ミラーコート、サテン調のもの、和紙素材、最高級のインクジェット紙などから、ご自分の気に入った紙を選んで制作することが出来ます。紙の分厚さも自由に選ぶことが出来るのでオリジナリティーにあふれる名刺が作成できるのです。
印刷会社を使用すれば、サンプル確認が可能なのでミスをすることがありません。インターネット上では分からない紙の肌触りや分厚さにインクの光沢まで、サンプル品を自宅に届けてもらうことが出来ます。さらに指定した配色やデザインは、データとしても送って貰えるので、細かな修正なども可能です。前もってサンプル品を見て発注すれば、思い通りの名刺を作成できるでしょう。プロの印刷会社の力をかりて、あなただけの素敵で記憶に残る名刺を制作してみてください。